teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:18/123 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

漫画・伊藤伝右衛門物語のご紹介とお願い

 投稿者:中山比佐雄メール  投稿日:2011年 2月 3日(木)22時21分58秒
  通報
  筑豊(飯塚)在住の仲間達と共に、筑豊の石炭王と呼ばれた伊藤伝右衛門(1860~1947)の名誉回復のために漫画の作成に取り組んでおります。

 伊藤伝右衛門は、大正天皇のいとこにあたる歌人柳原白蓮(燁子)を後妻として飯塚市に迎えたことで有名なのですが、伝右衛門と白蓮をモデルにして戦後封切られた映画(新藤英太郎・原節子主演)や後年のNHKドラマ、そして最近のNHK歴史ヒストリアでも、束縛する者とされる者、つまり、伝右衛門は成金の独占欲の強いヒヒ親父で、白蓮は金で買われた薄幸の麗人。その麗人ぶりを引き立たせるために伝右衛門を貶めるという手法が使われ、世間の大半がそのように認識しています。

 そのような世間の誤解のために作られた虚像「伊藤伝右衛門ヒヒ親父」が口惜しいと名誉回復に奔走されてきたのが飯塚市の郷土史家深町純亮先生です。私たちは先生に賛同し、伝右衛門の真の人物像を伝えねばと考えております。

石炭産業の隆盛の時、伊藤伝右衛門は筑豊御三家(貝島太助、麻生太吉、安川敬一郎)に勝るとも劣らない経済力を持ち、彼らは個々人であるいは協力して筑豊のために尽力しています。その中で伝右衛だけは白蓮事件のために著しく低い評価がなされているのが実態です。
私達は金で才女を買ったヒヒ親父だとされる伊藤伝右衛門の名誉回復と、彼の残した功績を正しく後世に伝えることが、石炭を失って以来元気がないように見えてしまう故郷筑豊を元気づけるのではないかと考えております。

 そのための手段のひとつが漫画であり、これは深町氏の「伊藤伝右衛門物語」に着想のヒントを得た創作です。この漫画が広く筑豊のみならず日本中さらには海外の皆様に読んでいただき、筑豊にはジャパニーズドリームがあったことを再認識してもらい、また石炭の時代だけでなく筑豊は古代から大陸との交流の窓口、すなわち、文化発祥の地であることを多くの人に知って頂きたいと思うものです。

漫画・伊藤伝右衛門物語 制作委員会

発売について
講談社から全国の書店で定価600円(消費税含む)で3月25日から発売いたします。なお当委員会でも予約を受け付けておりますのでまとめて購入される場合は是非ご利用ください。
 価格 15冊 10,000円 (1冊600円×15冊) + 送料1,000円
お支払い方法は、銀行振込でお願いします。
振込口座
福岡銀行 飯塚支店(551) 普通 2916369
漫画伊藤伝右衛門物語制作委員会 代表 斎藤浩
※振込後に必ず下記にFAXかメールでお名前・ご住所およびご連絡先(電話番号かメールアドレス)をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
ご連絡先
℡:0948-26-1675 FAX:0948-26-1676  E-mail:info@den-emon.jp  担当:中山

http://www.den-emon.jp

 
 
》記事一覧表示

新着順:18/123 《前のページ | 次のページ》
/123