投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


徐福繋がり

 投稿者:莽翁 寒岩  投稿日:2007年 6月11日(月)06時27分57秒
  maeda様 そうなんですか。山岳神道や熊野修験道に伝承され、生きてきているのですか。
漢字の読み方なども、古い読み方が私達日本に生き、伝承されていると聞いていましたが、こういう風に思想や生き方、考え方、行法などにも伝承、生きているのですね。多分いろんな文化なども、ずいぶんそうやって伝承され、生きているのですね。山岳神道やしゅげんどうは日本独特で、外国にはないものだと、聞かされていたのですが、そんなに古い、時代から、日本の文化として根づいていたわけですね。何か仙人の仕方にはにているとはかんじていたのですけれど。本当にありがとうございました。ところで紀伊熊野に落ち着き帰化したとのお話ですが、ちょいと瑣末なことですが、今の言葉の内容では、帰化というのは国籍を取得するというようになっておりますが、この時代の帰化というと、まぁこの国の人間になったという意味なのでしょうね。だから“落ち着き”という意味とおなじなのでしょうね。
 

日本武尊ヤマトタケルノミコト ~国津神:戦神~ 草薙剣クサナギノツルギ

 投稿者:大軍師、日本武尊命  投稿日:2007年 6月11日(月)03時38分52秒
  日本武尊ヤマトタケルノミコト ~国津神:戦神~  草薙剣クサナギノツルギ

 第十二代天皇景行天皇の息子。母は針間之伊那毘能大郎女(ハリマナビノオオイラツメ)
 実在した神と言われるが確証なしっ。でも草薙は実在してんだよなぁ。
 幼名?は小碓命(オウスノミコト)という名前だった
 気性の荒かった彼を父景行天皇は嫌っていた
 九州の首長神たる熊襲建(クマソタケル)兄弟の討伐を父より命じられ、叔母:倭比売(ヤマトヒメ)の提案で女装し、宴の席にて彼を刺し殺した。 もう一人出雲建(イズモタケル)も以下同文。だが、半分嫌がらせのよーなこの難題を彼はこなし、この所行(建)によって「倭建命」「日本武尊」(ヤマトタケルノミコト)の名を賜り、最強の勇者扱いされて帰ってきた。親父は業を煮やして「今度は東国各国を周り「荒ぶる神、伏まつろわぬ人ども」をぶっ飛ばしまくってこい」とまで言う。
 東国平定の前に叔母の家によった彼は「西国を平定し帰ってくると兵も与えられずに東を平らげよとは・・・天皇は私に死ねっつーのか?」と泣き言を漏らしたんだがその通りだったんで悲しい。
 途中、草原彷徨いてると「荒ぶる神」の一派から火攻めを食らった。しかし天叢雲剣が刹那の間に全ての草を薙ぎ払う・・・こうしてその剣は「草薙の剣」と名を変えることになった。

 いじけつつも彼は全土平定しました。おみごと。
===============================================================
写真を、クリックすれば、拡大するタイプ有り。
(無料掲示板)http://8914.teacup.com/yamatotakerunomikoto/bbs

   ===”虎穴に、いらずんば、虎子を、獲ず!!!。”===
 

徐福繋がり

 投稿者:maeda  投稿日:2007年 6月10日(日)23時23分43秒
   神奈川県の秦野市には、秦始皇帝に不老長寿の仙薬を勧めた方士徐福が、蓬莱の島を求めて日本の紀伊の熊野に落ち着き帰化し、その子孫が富士山麓に土着し、延暦19年(800)に富士山の大噴火が起こり、大きな被害を受け、やむなく秦野に移住したとの伝えがあります。
 また、秦川勝一行の秦野開拓(600年代)伝承、さらには、応神天皇や仁徳天皇の時代(300年代~)の五大尊の安置に関する伝承が存在しました。
 神奈川県の「徐福伝承」は、これら秦氏の流れ、大山に関連した山岳神道や熊野修験道および弘法大師開創の真言宗や臨済宗を中心とした仏教展開の流れにのって、かなり古い時代から存在していたことが考えられます。
 ここで伝えられてきた「徐福伝承」が、真言密教の僧侶「日本国持念弘順大師賜紫寛輔」によって中国大陸に紹介され、10世紀(955年)の成書・義楚六帖に現れたと見てよいのではないかと考えられます。
 

たたらのこと

 投稿者:莽翁 寒岩  投稿日:2007年 6月10日(日)07時07分34秒
  ≪たたら≫を検索すると≪踏鞴≫という字がでてきますが、これは当て字なのでしょうか。日本の古いことばなら、こういう字ではないと存じますが。どうかお分かりの皆様のご見識をお願いします。懇請、平伏。仰祈。  

徐福繋がり

 投稿者:莽翁 寒岩  投稿日:2007年 6月10日(日)07時03分41秒
  徐福のこと、とても楽しいですね。これがだんだんしっかり判ってきて、ある程度本当なのだとなってくるとなお、嬉しいですね。もう皆さんにはそれが、そうとう本当なのでしょうけれども。無数といえるくらいに伝説、由緒、遺跡、史跡。文書の記録。これにぜひ付加していってもらいたいのは、今の生活や伝統の中で、民俗の中で何か残っているものがないのかなぁ。とはかなく思い続けています。そして徐福のしたこと、教え、導き。行法などについて。いつも希望ばかりですみません。貢献がなくて。  

鋼都より愛をこめて

 投稿者:中村  投稿日:2007年 6月 9日(土)23時29分9秒
  古事記記載のイザナミの神陵があると言われる、山陰の島根県安来市へいったことがありますが、そこは出雲国風土記の伝えるところによると、大穴持(大国主)大神がヤマタノオロチを退治したとあるそうです。しかも、その地の「安来」という名を命名したのがスサノオであるともされています。
 そこは「もののけ姫」で有名になったたたら製鉄が紹介されている和鋼博物館があり、かつてこの地は大規模な出雲式製鉄が行われていたときかされました。日本庭園が世界一と言われる足立美術館もこの地にあり、横山大観の神代を題材とした絵には圧倒されました。不思議な大地の力を感じたようでした。
 

徐福繋がり

 投稿者:maeda  投稿日:2007年 6月 7日(木)11時48分7秒
編集済
   新宮市に鎌倉時代の禅僧・無学祖元の詠んだ漢詩「徐福祠献晋詩」があります。
 1281年頃、作られたもので、確かな文献による熊野での徐福伝承の初見とみられています。注目すべきことは、新宮の徐福嗣の建立が、祖元の東渡(1279)以前だったということであります。
 では、日本の徐福伝承が、最初に文献に載ったのかと言いますと、『六帖』(955年に成書、一名は義楚六帖)であります。これを著わした義楚は、五代の后周の高僧で、仏教の立場で書かれており、正史ではありませんが、徐福の得た「平原広沢」が日本であると指摘した中国初の文献です。
 その「城郭・日本」という部分に、「日本国は別名を倭国ともいい、東海の中にあり。秦の時、徐福は五百の童男と五首の童女を率いて、この国に止まる…東北千里あまりに山あり、富士と名づけ、別名を蓬莱という。三面は海となり、その山は峻険で、一朶として上に聳え、山項に火が燃える。日中には、諸宝が流れくだり、夜には逆の上がる。常に音楽が開こえ、徐福はここに止まる。蓬莱という。今にいたるも、子孫はみな秦氏を名のる…」とあります。
 この情報をもたらした人は、日本国持念弘順大師賜紫寛輔であり、寛輔は延長五年(927)に寛建の従僧として渡海真言宗・密教の僧侶だったらしいのであります。(→弘法に繋がる。)
 済州(いまの山東省)の開元寺にいた義楚は、寛輔と交誼をもち、『六帖』にある日本の歴史や風俗などは、寛輔から聞いたことを基としています。すでに千余年以上もの昔、日本で徐福が仙薬を求めて東渡し、蓬莱(日本)に住みついたことが広く知られていたということであります。
 

上村様どうかもっと教えてください

 投稿者:莽翁 寒岩  投稿日:2007年 6月 6日(水)06時43分41秒
  上村様 たたらというのは漢字ではないのでしょうか?神話時代にもそんなことばがあったようなことを、聞きかじっています。どうかそういうことでホーム・ページをひらいてくれないでしょうか。最初はちょいとのことで。さいしょから膨大だと勉強するほうも途方にくれますから。私は労働法しか勉強してこなかったけど、定年後そういうことが面白いのだと判ってきた人間です  

出雲の鉄

 投稿者:上村  投稿日:2007年 6月 4日(月)11時39分22秒
   プロジェクトXのDVDで、たたら製鉄の話を見ましたが、
出雲の製鉄の歴史はずいぶん長いことが色々と勉強して
分りました。島根の日立金属っていうところはなかなか
名門の工場なんだなあと思いました。
 

徐福繋がりの情報:お礼

 投稿者:莽翁 寒岩  投稿日:2007年 5月12日(土)11時18分34秒
   ありがとう御座います。よくご調査されております。揚げ足はどうにも取れるものですが、今後どんなことが分るか楽しみです。今は不可視になったようなことですが、神秘なことを想像しながら、引き込まれそうな広範な、深いお話ですね。徐福の教えや考え、思想、術というのでしょうか、いわゆるpractise、行法(高野山のマントラ修行ではぎょうぼうという、発音)などが伝わっていて、所在が片鱗でも出てくると、なおいいですね。道教や山岳修行や、その他のことも、どうしても習合していますからね。難しいでしょうね。  

徐福繋がり

 投稿者:maeda  投稿日:2007年 5月11日(金)23時02分15秒
   莽翁寒岩 さん  コメント有難うございます。

 徐福繋がりの情報をもう少し書いてみます。

 徐福文献とも呼ばれる富士古文書には、徐福の子孫は秦氏を称したことになっています。
 一方、秦氏は、日本列島に渡来後、姓を変えたが、特に大化改新以降それが著しいといいます。
 飛鳥昭雄・三神たける両氏は「秦氏の謎」(学研)の中で、秦氏が姓を変えるにあたって、読み方の「ハタ」や「ハダ」は変えないが、当てる漢字を変えるケースが多いといいます。
 つまり、畑、端、秦、畠、波田、波多、波蛇、羽田、八田、半田、矢田など。
 次に、それらに「野」「山」「田」をつけて、
秦野、畠山、畠田、畑川、波多野、畑中、広幡、八幡など。
 最後に、まったく違う姓になるケースとして、
服部、林、神保、宗、朝原、太秦、惟宗、田村、島津、長田、長蔵、辛島、小松、大蔵、依智、三林、小宅、高尾、高橋、原、常、井出、赤染、大幡など。

 身近にこれらの姓の方々を発見されるケースは、多いと思います。

 一方、神奈川県に秦野市がありますが、蓑毛大日堂を管理する宝蓮寺には、由来書に「徐福と秦始皇帝」のことが出てきますし、秦川勝が来所してこの地を拓いたことを記す石碑が立っています。
 秦野の中世の領主は、波多野氏ですが、波多野氏は、鎌倉時代に全国に広がっており、日本各地の波多野氏は、秦野から広がった氏族が多いと思われます。
 同じく神奈川県の藤沢には、福岡家の墓碑があり、徐福の子孫であることを明記しております。
 神奈川県の相模川周辺には、富士古文献を保管した寒川神社があり、この近くにも三河から移転した土器等の遺物が出土しているところがあります。
 徐福一行の展開が三河を経由して、富士山麓、関東に広がった可能性が考えられます。
 

徐福繋がり

 投稿者:莽翁 寒岩  投稿日:2007年 5月 9日(水)17時44分49秒
   石頭の歴史学の碩学とは違い、単なる現行法規の解釈の勉強しかしてこなかった外野人のせいか、とても面白いと存じました。専門家はいろいろ揚げ足を取るように、批判するかも知れませんが、勿論大衆一般としての私は、無責任ではないが、夢を見るように拝読しております。今後のご研究を期待しております。斯界が認めるか、無視するかは私には無関係でして、自分の思索に資すればいいだけですから。  

善光寺如来と聖徳太子

 投稿者:maeda  投稿日:2007年 5月 9日(水)10時52分12秒
   百瀬高子著「御柱祭 火と鉄と神と・・・縄文時代を科学する」(彩流社2006.7.10発行)には、東日本の古代史を見直させる様々なデータが載っています。

 その一つの例に、善光寺如来と聖徳太子の交わした現存する書簡というものがあります。
「法隆寺の五重の塔の天辺には諏訪の風の神のシンボルの鎌が今も飾られているので、太子系勢力は諏訪系勢力だということを物語っていると同時に、善光寺如来と書簡を交わしていたので長野の勢力とも通じていた勢力だったともいえる。」とかかれています。

 興味深いのは、「聖徳太子と山国の善光寺如来と交わしたという書簡の日付は、なんとその日の内で、信州と奈良とを一日にして往復したことになっている。だが一日で書簡を交わすことは、信州と奈良の間ではありえない距離だ。」というのですが。

 東三河には、善光寺川が流れており、善光院があり多くの仏像が祭られています。聖徳太子伝承も厚く広がり、聖徳太子自彫の木像と称されるものも存在しています。
 上記書簡の交信があったのが、東三河での出来事だとすれば、一日の往復も十分ありうることだと考えられます。
 日本の古代史解明には、東三河の古代史解明が欠かせないと思われます。
 

徐福の繋がり

 投稿者:maeda  投稿日:2007年 5月 9日(水)10時24分13秒
  莽翁寒岩 さん ようこそ

 徐福繋がりの情報をもう少し書いてみます。
 徐福を表すと思われる「保福大神」の石碑がある牛川稲荷神社の境内には、石巻山を遥拝するような形で、古墳が存在し、御嶽大神と地神とという石碑が立っています。
 その奥には、嘗て発生基の古墳と言われる方墳が存在しましたが、開発時の発掘で、国宝級とも言われる漢時代将官用の素環頭両刃の直刀が出土したと言われています。
 つまり、東三河は古代中国の将官級の人との繋がりがあったと思われるのです。
 遥拝対象の石巻山は、標高356m(みごろ)と低いのではありますが、富士山のような形をしており、ピラミッド型の蓬莱山とも呼べる山です。
 石巻山の山腹には、石巻神社が存在するのですが、その御祭神は大国主神となっています。しかし、そのご正体は、天御中主神とも大山祇神とも言われています。
 大山祇神は国津神と言われていますが、私の調査結果では、徐福を反映していると考えられます。また、御嶽大神と地神の表現も、徐福の称号とよく合っています。
 つまり、牛川稲荷神社境内は、徐福の子孫の祭り場だったと思われるのです。
 因みに、牛川稲荷神社境内に多くの大神の名を刻んだ立石が林立していますが、この神社の氏子は、これらの大神の子孫だと自称していることが分かりました。

 これらのことは、牛久保密談記に書かれたところの「徐福の子孫一行は、本宮山麓に栄え住み、中国姓を変えて三河に住みついた」ということと符合していると思われます。
 また、徐福一行の姓を残すものとして、秦氏、鵜殿氏があるといわれますが、いずれも東三河に残る氏姓であります。

 これらを背景にして、鳳来寺山の仙人伝説や、持統天皇、文武天皇の三河来訪を考えることが、古事記・日本書紀の記す古代日本の姿を修正するのに役立つのではないかと思っています。
 

徐福

 投稿者:莽翁 寒岩  投稿日:2007年 5月 7日(月)18時29分10秒
  徐福のことは日本各地にあり、何が本当かわかりませんでした。(でしたに注目を請う)
徐福ということより、昔の事や、仙人などの思想に人間として関心がありますのでぜひ更ならお話が知りたいですね。そういうことに縁の遠い、カチンと物証のあることしか通じない世界で、あくせく仕事をしてきた人間として。(専門図書館など、私立大学46年)
 

三河と徐福の繋がり発見は

 投稿者:maeda  投稿日:2007年 5月 4日(金)12時03分10秒
  青海 さん ようこそ

 三河と徐福の繋がり発見の発端は、1993年ごろのこと、牛川稲荷神社の境内の石碑に彫られた「保福大神」の存在でした。
 大神と呼ばれながら、これまで見聞きしたこともない「保福大神」とはどのような神だろうかと、半年ほど気にかかっていたのですが、そのころ日本徐福会の理事長だった飯野氏の「弥生の日輪」という本が出版され、徐福の存在を知った次第です。
 保福と徐福の同一性も様々考えましたが、手書きの「保福」はまさに「徐福」と読めたのでした。
 その後、「尾参郷土史」に徐福が三河の小坂井町に上陸したとの伝承があったことを発見し、菟足神社にその伝説が残っていたのを発見しました。
 また、「牛久保密談記」に、徐福一行が本宮山山麓に住み着き、栄え住んだことが書かれているほか、一行の日本各地への展開が記されているのが分かりました。
 つまり、三河は徐福一行の日本列島展開の基地になっていたことが分かった次第です。

 徐福一行が日本列島に来た目的が、秦始皇帝の命による不老不死の霊薬の調達であり、目指したところが、蓬莱、方丈、瀛洲(えいしゅう)という三神山があって仙人が住んでいるところであるとすれば、三河にこれらが存在するはずです。
 うまい具合に、仙人がすんだという鳳来寺山が存在し、方丈のある本宮山、海の香りを漂わせる陸貝の住む石巻山という三神山が存在しました。つまり、3神山も仙人伝説も存在するところに、徐福一行が住み着いたという伝承が存在していたのです。
 吉田城の域内に、神武天皇の碑が建てられたのも、徐福=神武天皇説と何らかの因縁があると考えられると思うのですが。いかがでしょうか。
 

間違えました☆

 投稿者:愛知住み  投稿日:2007年 5月 3日(木)16時50分28秒
  下の投稿間違いだね(^o^; 本宮山は新城の方みたいですね☆        新城といえば長篠の戦いで有名!って関係ないか☆笑  

愛知の豊橋在住☆

 投稿者:優愛  投稿日:2007年 5月 3日(木)16時32分16秒
  東三河にそんな歴史があったなんてすごい!!   今2012年についていろいろ調べてるところです☆本宮山って、天伯にある山ですか?実家が天伯なんです(^O^)もしそうならさっそくお参りにいこっかな☆  

【徐福伝説 】「蓬莱」は三河の鳳来寺山か?

 投稿者:青海  投稿日:2007年 5月 3日(木)13時58分22秒
  今から2200年前,日本が縄文時代から弥生時代へと変わろうとしていたとき,秦の時代の中国に徐福(じょふく)という人物がいました。
徐福は始皇帝に,はるか東の海に蓬莱(ほうらい)・方丈(ほうじょう)・瀛洲(えいしゅう)という三神山があって仙人が住んでいるので不老不死の薬を求めに行きたいと申し出ました。(三神山は、本宮山,鳳来寺山,石巻山に対応する)
中国には,徐福=神武天皇とする説もあって興味深いものです。徐福は中国を出るとき,稲など五穀の種子と金銀・農耕機具・技術(五穀百工)も持って出たと言われます。
どうなのでしょうか?
(三河については、ほかにもいろいろ思うところがありますが、今回は「除福伝説」について教えていただきたいです。)

http://www.toukaibbs.net/read.cgi?bbs=aichi&key=1178052679

 

天武天皇の秘密と持統天皇の陰謀」の著者テレビに!

 投稿者:maeda  投稿日:2007年 3月11日(日)11時40分44秒
  「天武天皇の秘密と持統天皇の陰謀」(彩流社)の著者・榊原氏が、「みのもんた」関連の2時間特別番組の歴史解説者として、テレビ出演します。

放送日:07年3月23日(金)20:54~22:48
番組名:「新説!? みのもんたの日本ミステリー!」
放送局:テレビ東京(12ch.),  テレビ愛知
出演者:みのもんた・松形弘樹・渡辺正行・渡辺満里奈・細川茂樹・加藤夏希・荒俣宏

 時間があれば、テレビのチャンネルを合わせてみてください。

参考
 「天武天皇の秘密と持統天皇の陰謀」:隠蔽された「古代三河」の実相を追う謎解きの書!
 持統天皇はなぜ三河行幸をしたのか? 豊かな地方としての三河は古代王権とも深い関わりががあった。様々な事件の裏に秘められた「三河」の存在に迫る。
 

消された古代東ヤマト

 投稿者:maeda  投稿日:2007年 2月10日(土)20時44分58秒
  ご紹介

「消された古代東ヤマト-民族のルーツの謎を解く」のお話の会があります。

   http://www.subtle-eng.com/getsuji/07_0213maeda.pdf
 

オーナー会

 投稿者:PONTA  投稿日:2007年 2月 5日(月)01時50分4秒
  行きたかったです。

http://megalith-jp.net/touron/

 

巨石サイトオーナー討論会

 投稿者:maeda  投稿日:2007年 1月29日(月)12時03分50秒
   2007年1月27日、東京都大井町で、イワクラ学会後援で巨石サイトオーナー討論会が行われました。
 このHPも、ピラミッド説やイワクラのことを対象にしているところがあるので、参加しましたが、討論会に出たサイトオーナーたちのHPは、大変充実したものですし、その紹介内容もすばらしいものでした。
 テーマを紹介しますと、
1.しゃこちゃんのお部屋 遺跡と神社を巡る旅
2.泰山の古代遺跡探訪記
3.求道者 聖なるモノへの旅路
4.岩石祭祀学提唱地
5.超歴史研究会

などです。
 イワクラの歴史が、10万年前の旧石器時代に遡るという話もあり、人類文明の曙を思わせる悠久さとロマンを感じた討論会でした。
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:maeda  投稿日:2007年 1月 1日(月)14時01分45秒
   2007年明けましておめでとうございます。
 今年が、よい年となりますように!
 

しがらみだらけの三河

 投稿者:元三河小僧  投稿日:2006年12月26日(火)00時44分35秒
   何故、地元の事を書いた本が、地元で妨害されるのでしょうか?
 頭一つ抜け出る人を叩きたがるという人間の習性は理解出来ますが、それとはまた違うニュアンスでの妨害なのでしょうか。
 隠匿されている何かが公表されるとまずいといったような。
 まー狭い場所なので、村八分とかキツイ地域柄なのは身を持って実感しますが、東三河のしがらみのその背後にあるものはなんなのでしょうか。 企業グループなのか、右翼団体的なものなのか。 差し支えなければ、メールで教えてください。 今度メールします。
 

三河ヤマト説

 投稿者:maeda  投稿日:2006年12月25日(月)14時58分44秒
  元三河小僧さん

>三河ヤマト説は、地元史家(教員レベル)でも昔から考察されているのでしょうか。

 はっきりとそのように述べた例は知りません。あれば、教えて欲しいと思っています。

  小生が、「古代神都・東三河」の著書を出したとき、豊橋の当時の教育長さんに謹呈したところ、称賛のお便りを頂きました。
 また、福井魚網㈱の先代社長さんに謹呈したところ、このような説を、本にしようとした人は以前にもいたが、多くの抵抗があって公表されなかったという話を伺いました。
 小生も、この著書を出版できたのは、東三河を出てから可能になっており、東三河にいる間は、様々なしがらみで、公表は困難であった次第です。
 榊原康彦氏が、「天武天皇の秘密と持統天皇の陰謀」(謎の古代三河と大和)という本を出されたのも、東三河出身ながら、他県に在住していたので、可能となっています。
 まだ、地元での精神的呪縛は開放されていないのでしょうか。

 ただ、豊橋市誌に、明治時代に、八名郡に「大和」村が出来たのは、ヤマトの宿祢に由来するかも知れないと記されています。

 2005年9月に、照山の麓で、「聖なる扉」グループが、天地融合のコンサートを開いたのは、この地が霊感によって、「元熱田」だと感得されたからですし、もし三種の神器である「天叢雲剣」が、ヤマトタケルに渡る以前に、東三河にあったということであれば、それは、欠史八大天皇の時代に、三河に天皇が居られたことになると推論されます。
 卑弥呼=ヤマトモモソヒメの説が正しければ、欠史八大天皇は卑弥呼の系図の祖系になるので、三河ヤマト説は、当たらずとも遠からずといえましょう。
 

照山再訪

 投稿者:元三河小僧  投稿日:2006年12月24日(日)16時19分48秒
   今回は、天気も良く頂上?まで行ってきました。 見事に北斜面しか残存してません。
 頂上から見下ろすと、三河の町並みが素晴らしく見えます。 採石場の周りを歩くと、
 ため池?みたいなところに鴨の群れが生息しており安心しました。こんな山でも生き物が
 まだいる。 神々しさのみじんもありませんが、岩屑からなんかパワーが出てるような気 は感じました。 照山砕石は停止できないのでしょうかね。
 

照山の風景

 投稿者:元三河小僧  投稿日:2006年12月23日(土)23時51分51秒
   小雨が降り出したので、一宮から登った所ですぐに下山しました。風景は削られた岩、土しか見ていません。 また行ってみようと思います。照山はいつから削られはじめたのでしょうか? 23年程前からですかね? 地元の反対運動がなかった事、あったとしても、その動きを無視された事は非常に残念ですね。 石巻さんから見下ろすと、とても風水的にも重要な役割の山だったのではないかと直感で感じます。
 蔵王山から見た、笠山に近い役割と申しましょうか。
三河ヤマト説は、地元史家(教員レベル)でも昔から考察されているのでしょうか。
高校の社会の授業で邪馬台国の位置を推理せよという宿題が出た時、普通に一般の歴史漫画を見て、北九州と書いたら、怒られたような記憶があります。
 

大伴氏と草壁邑の関係

 投稿者:maeda  投稿日:2006年12月20日(水)12時04分15秒
   照山の西にあった、草壁邑と東の賀茂町の大伴氏のつながりが見えてきた。

 次のインターネットHP神奈備(http://ucgi.kamnavi.net/cgi-bin/kambbs.cgi)に、倭亜布さんが投稿している内容によれば

【杵氏】系図  紀国造氏族?
甲賀の伴氏一族は、平安末期に三河【伴氏】から分れたといい、系図 ... なお、栗原郡の駒形根神社の祠官鈴杵氏は、大伴武日命の子の阿良比を祖と伝えて大伴姓を称したが、姓氏不明も、同族の末裔であろう(遠田郡の丸子部改姓の大伴山田連の族裔か) ...
http://shushen.hp.infoseek.co.jp/keihu/sizokugairan/ootomo-k.htm
「大伴姓を称した・・・」オオトモ・・ お供・・・太陽 日下 日置・・・

「日本」の名は、この【日下】から来ているとの説あり。
http://www17.ocn.ne.jp/~kanada/1234-7-4.html

【日下】につきあたることになる。 古代人やわれわれの現在の土地の配列というのは、太陽 ... ヒキ浦といった【日置部】にかかわりのある地名を見つけたのはうれしかっただろうと思ったり、太陽の道発見のドキュメンタリーを追体験できる本である。 ...


 つまり、大伴氏から、日下氏が出てきている可能性がある。
 

照山

 投稿者:maeda  投稿日:2006年12月12日(火)17時23分47秒
   元三河小僧 さん

 照山からの景色はいかがでしたか。
 多分この山は、国見の儀式も行われたのではないかと思うのですが。
 残念ながら、採石場になってしまいましたね。
 照山の東南に、ひな倉山という山があったのですが、これも採石場となって殆ど消えてしまいました。
 小著「倭国の真相」では、ひな倉山は、神武紀に記された、高倉山と比定しているのですが、全て消滅させるつもりなのでしょうか。
 

/18