新着順:4/528 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

白村江の戦い

 投稿者:秦野北斗  投稿日:2017年 7月16日(日)23時36分36秒
  通報 編集済
  白村江の戦い、舊唐書卷八十四/列傳三十四/劉仁軌伝を翻訳しています。
当時の文章は日本書記と同様文体になっている。

内容は翻訳中でるが、白村江の戦いは無かった模様。
「旧唐書」劉仁軌伝
唐軍は扶餘隆が率いる水軍、及糧船を白江之口で襲うこと四戰、焚く其の舟は四百艘。水軍、及糧船は耽羅國の使い。唐軍は大いに潰れる 。扶餘隆: 百濟義慈王の子

「日本書記」
倭国軍は唐の水軍によってはさみうちにされ、軍船400隻は燃え上がり、倭国軍は大敗してしまう。(歴史上最初で最大の敗戦となった)
http://www.asuka-tobira.com/hakusonkou/hakusonkou.htm

「日本書記」は捏造文書になる。天智天皇の思惑が文中にない、
 
》記事一覧表示

新着順:4/528 《前のページ | 次のページ》
/528