新着順:13/535 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

いちき串木野市 徐福伝説

 投稿者:秦野北斗  投稿日:2017年 5月24日(水)10時31分45秒
  通報 編集済
  封禅(ほうぜん)の儀式を行って冠をここに留めたからついた名という説もあります。
http://www.densetsu-tobira.com/jofuku/kagoshima.html

司馬遷の『史記』(卷二十八封禪書第六)の注釈書である『史記三家注』によれば、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%81%E7%A6%85
正義此泰山上築土為壇以祭天,報天之功,故曰封.此泰山下小山上除地,報地之功,故曰禪.

古事記に従い翻訳するが(言語は秦語になる。現在は漢語で訳されるので意味が異なる)
文章は総括になる。信じがたい内容に成っている。

意訳、正に好い、此処は豊かな山のほとり、筑紫なす、以て壇州は天を祭る、天の知らせに務める。曰く、
(封禅)元を封じ、譲り、豊かな山の地に下りる、小さい山ほとりは徐福の津の地、知らせ従い津の地、行き務める。
 
》記事一覧表示

新着順:13/535 《前のページ | 次のページ》
/535