新着順:24/523 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

源為朝の子孫が卑弥呼伝承を持っていました

 投稿者:maeda  投稿日:2016年12月14日(水)18時49分14秒
  通報 編集済
  卑弥呼は、正始9年に、天の神・太陽の光が消え、黒い太陽になることを知っていたという。
その年、卑弥呼は自分の目で確かめようと、美濃の恵那郷に向かった。9月5日、黒い太陽を目の当たりに見て、気を失って倒れたといわれる。随行の警護の付き人とともに、自国へ運ばれたが、敵方の目を避けながらも、道に迷い、行方が分からなくなり、進むうちに尾州(尾張)の原へ出た。小牧山見張りの敵方の目に入り、賊の襲撃を受けながら、曾本まで逃走したが、尽き、すべて惨殺されたという。卑弥呼の御首吸は、小牧山山頂に移し埋葬されたと記されている。
 
》記事一覧表示

新着順:24/523 《前のページ | 次のページ》
/523