teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:5/246 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

音楽映画「25年目の弦楽四重奏団」上映会のご案内

 投稿者:吉川修一  投稿日:2014年 6月19日(木)20時49分0秒
  通報
  突然のメールにて、失礼いたします。こちらはシネマ・サンライズという、高知県立美術館ホールで毎月映画の自主上映会を行っている者です。

このたび、6月25日に美術館ホールにおきまして、現代アメリカの音楽映画の秀作「25年目の弦楽四重奏」という作品の上映を予定しております。この作品は、結成25年目を迎える弦楽四重奏団が、楽団の指導的立場にあったチェロの楽士が病気を理由に引退を表明したため、それまで表面に出なかった楽団員同士の嫉妬やライバル意識、家庭の不和などの問題が露呈する中、楽士たちが再び協調と融和を取り戻して、25周年の記念演奏を無事に終えることができるかどうかを描いた人間ドラマです。

映画のテーマにも通じる音楽はベートーヴェンの「弦楽四重奏曲第14番」で、実際にはこの演奏をブレンターノ弦楽四重奏団が担当し、同団の女性チェリスト、ニナ・リーが実名で出演しているそうです。また、人気メゾソプラノ歌手アンネ=ゾフィー・フォン・オッターも出演しており歌声を披露しています。

貴交響楽団さんのホームページを見せていただきましたら、毎年ベートーヴェンの交響曲を順番に演奏していくことを会のテーマとされているとのことでしたので、もしこの映画に団員の皆さんが関心を持たれるようでしたら、誠に勝手ながら、21日の野市での練習場にこの映画のチラシを持参させていただけたらと考えています。

ご多忙のところ恐縮ですが、ご一報いただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/246 《前のページ | 次のページ》
/246